​カンボ・ヒストリー

Amazonの奥深くに、カシナワと呼ばれる先住民族の部族が住んでいます。 彼らの伝説の話です。

彼らの物語では、村は人々は病気になり、部族のシャーマンKampuは身近なジャングルの薬を全部試してみたが効果がなく、絶望の中で彼はマスターティチャープラントであるAyahuascaを飲み、瞑想に入るために、単独でジャングルに入りました。 

彼のビジョンの中でカエルが病気を治す薬と教えられ、カエルの毒腺から乳白色の分泌物を集めて使用することによって人々の病気が良くなると教えられました。

そして、アマゾンの何百ものカエル種のうちの1つ、巨大なモンキーツリーのカエルを見つけるように言われました 。

ジャングルでの単独瞑想の後、Kampuは、この新しい神の知的な贈り物、カンボで部族を癒すために村に戻り人々の病気を癒して行ったそうです。

 Kamboという名前は、この才能のあるシャーマンKampuから来ています。 カンボを使用することでカンボのスピリットを通して、彼は生き続けています。

 

現在でもアマゾンの部族は、まだ彼らの主な薬としてカンボを使用しています。 

カンボのおかげで、彼らは健康なコミュニティを持っています。 

彼らのカンボの使用は、健康のためだけでなく、持久力、スタミナのために、そして森林での狩猟習慣への集中のために、有益です。

彼は村の人々を助けました。 彼のおかげで、彼の村は癒され、それは伝統的な薬になりました。

部族の間では子供は2歳になるとカンボを始めるそうです。

 

初期の西洋人がこの薬を受け始めたのは1980年代のことです。

SHAMANICA JAPAN をフォローしてください!

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

Created by :   shamanica-japan.com

お問い合わせ